本、漫画、その他

驚き満載、特別展「ポンペイ」

まん防も解除、真冬の寒さも去って、春へと本格始動。もうすぐ終わっちゃう展がいくつもあるし、ワクチン接種やら病院通いやらもあるし、4月からは都大会も始まっちゃうし…スケジューリングが難しいのもちょっと嬉しい、年度の代わり目。まずは一番気になっ…

黒山(金薫/(株)クオン)

19世紀初頭、李氏朝鮮後期の天主教(キリスト教)迫害を描いた歴史小説。何かアジアの文学を読みたいな、と図書館の書棚を眺めていて目について、途中まで読んだところでAmazonでポチってしまいました。 信仰を隠さねばならない息苦しい生活、横行する腐敗…

それは「奇跡」だったのか?~墨谷高校・甲子園への軌跡を振り返る~ ◆◆◆明日野新聞 高校野球総力特集 東京都代表・墨谷高校◆◆◆

197X年7月XX日。東京大会初の決勝再試合は、4-0で墨谷高校が快勝し、都立高校として史上初の夏の東京大会優勝、甲子園出場を決めた。まずはこの快挙を祝福し、併せて谷口主将以下墨谷野球部諸君の努力を讃えたい。選手諸君、そしてご家族・学校関係者やO…

Lord Edgington Investigates...(Benedict Brown)【2022.1.12追記】

※4巻まで読んだのでちょっと追記しました。末尾にちょっと4巻のネタバレあり。 kindle unlimited 始めたのであまり重くないものを…と思って物色しているうちに見つけたシリーズ。4巻まで読了。いやー面白いなこれ。今年の春には5巻が出る予定らしくたの…

重太の罪とは何だったのか~「生命の木」(諸星大二郎『妖怪ハンター』)より~

先週の話になりますが、三鷹でやってた時は見逃してしまった『デビュー50周年記念 諸星大二郎展 異界への扉』を追って、足利市美術館まで行ってきました。 最後の巡回先が自宅から2時間足らずで行ける足利だったのでギリギリセーフ。遠いとこだったらさすが…

「イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン」展

ちょうど東京で夕方から用事があったのでどっか寄ってくか~といろいろ物色していたら、やっぱ見たいなーと思う絵が幾つもあったので 行って来ました。 三菱一号館美術館に来るのは初めて。 建物は三菱が明治27年に建てた銀行兼事務所「三菱一号館」を再現し…

Project Hail Mary(Andy Weir)

映画『オデッセイ』の原作『火星の人』(といっても私は未見未読ですが)のアンディ・ウィアーによるハードSF。面白かった!科学音痴の私でも時間はかかりましたが楽しめました。太陽の発光量減退を解決するための切り札として宇宙船を送り出す…という設定か…

これが、かの有名な…!トリカブトと出会う

ちょっと遠出をした先で、何の気なしに入ってみた野草園。 秋も深まり少し寂しい植え込みの中、ひときわ目を惹く鮮やかな青紫。手元のリーフレットを見ずともわかる、これこそが かの有名な猛毒、トリカブトか…! 全身にアルカロイドの強い毒性を持ち、現実…

六人の嘘つきな大学生(浅倉秋成/角川書店)

SNSサービス「スピラ」を基盤にした急成長によって、一躍若者の憧れの的となった新興IT企業スピラリンクス。その初めての新卒募集には5千人超の応募者が押し寄せたが、最終選考まで残ったのは六人。 語り手役の波多野祥吾(立教大)、ヒロインの嶌衣織(…

2021年4月~6月読書覚え書き(英語)

英語多読で読んできた本のまとめです。合計で68万語あまり。ただし語数は概算ですし計算が間違っている可能性もありますので、正しい数値が必要な場合はご自身でご確認ください。 ① The Labours of Hercules(91千語)【邦題『ヘラクレスの冒険』/アガサ・…

The Chronicles of Tevenar Series (Angela Holder)

英語多読の素材として、何かないかな~?と探して偶然Amazonで見つけたのですが、凄~く面白かった! 女神Motherの力を操るwizardたちの主導のもと、鎖国によって千年にわたり平和で平等な社会を築いてきたTevenar島と、Motherの力を失い独自の発展を遂げた…

呪術廻戦ネタバレ感想 第149話「葦を啣む 弐」

十分予想できた展開であるはずなのに、はずなのに…いざ目の前に出されると、やはり予想を超えていた… 同じ天与呪縛のフィジカルギフテッドと言われながら、パパ黒こと伏黒甚爾と比べると一般人並みの呪力があるためか、剥奪された術式のレベルのせいなのか、…

The Chronicles of Narnia(ナルニア国ものがたり)読了!

やはり文明の力は偉大だ。スマホの手軽さとweb辞書の便利さに助けられつつ、ついにThe Last Battle を経て「本当のはじまり」に辿り着きました。ペーパーバックのページを左手で抑えつつ右手で辞書めくりながら…とか、わからない単語は推測でスルー、とかだ…

"The Silver Chair" by C.S.Lewis(銀のいす/C.S.ルイス)

Kindleで購入した電子版ナルニア国ものがたりも4冊目。電子版は Pauline Baynes の挿絵が小さいけどカラーで掲載されてるのがいいですね。 8日かかった前作 "The Voage of The Dawn Treader" (朝びらき丸 東の海へ)に比べるとかなりハイスピードで読めて…

「堅白」の意味するものは~呪術廻戦第137話

偽夏油に逃げられ、取り残された虎杖たち…で始まるのかと思いきや、いきなりカラー表紙の乙骨で新章突入と相成った今号。見どころは満載で次週がとにかく気になる気になる!という、久方ぶりの週刊少年漫画のワクワク感を味わっておりますが、なかでも気にな…

独学大全ー絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法ー(読書猿/ダイヤモンド社)

ネットでいくつか書評を見て、これは「買い」だと思いましたが、期待に違わず面白く、かつ参考になる本です。早速自分の勉強法の見直し・再構築をしてみたくなりました。がんばるぞー(笑) 第1部は、まず始めて、続けること。 最も力点が置かれているのは「…

『外来種のきもち』(大島健夫/メイツ出版)

代表的な外来生物について、移入と定着の経緯や生態、現状などをインタビュー形式で紹介しているのですが、作者はネイチャーガイドとしても活動し、千葉市野鳥の会会長でもあるが本業はなんと詩人……ということで、平易な語り口で知識を提供するだけでなく、…

句集四重奏(浅井民子/本阿弥書店)

ツイのTLに流れてきた句に惹かれて、調べてみたらアマゾンに在庫(古本ですが)があったのでポチってしまった… やっぱり、凄く好き。頁をめくり、連なる句を辿る途中、自分自身の記憶のなかにある幾つもの瞬間が不思議と思い出されました(句の情景に必ず…

寄宿学校の天才探偵(モーリーン・ジョンソン/創元推理文庫)

左手で抑える残りページがあとわずかになっていることにふと気付く。いやな予感。 え…だってまだ謎が…伏線が…まさか…そんな… 「続く…」 ……って、左ページからはもう「訳者あとがき」が始まっとる…そりゃねーよ!! カバーの返しや帯を見直して続刊がまだ出て…

地底旅行(ジュール・ヴェルヌ/グーテンベルク21)

『新・地底旅行』(奥泉光)が面白かったので、原作である本書も読んでみたいな~と思って探したら、地元の図書館の電子書籍部門で見つけたので早速借りてみました。 1864年刊行の古典的作品ということで、もっと硬くて古色蒼然としたものを想像していたので…

新・地底旅行(奥泉光/朝日新聞社)

ジュール・ヴェルヌの冒険科学小説の古典『地底旅行』の続編。 ときは明治。腐れ縁の友人・富永丙三郎の口車に乗せられた「わたし」こと挿絵画家・野々村は、富士山麓で失踪した理学博士稲峰とその娘都美子の行方を追って、丙三郎、そして稲峰博士の弟子で、…

『新作歌舞伎・風の谷のナウシカ』ディレイビューイング(後編)も行ってきた

まず第一に。 前編見たときの予告でチラっと出て来た、クシャナ殿下がクロトワ抱えて子守唄うたうシーンは…期待してましたがやはり凄く良かった………じーん…ここでの殿下はずっと心に抱えてきた怒りと憎しみをわすれて蟲に対峙し九死に一生を得る。それまでの…

新しく触れる50②(麒麟がくる、キングダムほか)

今年の目標「新しく50作品に触れる」についての覚書き、2月分。番号は1月分からの通し番号です。 3 もうひとつの街(小説/ミハル・アイヴァス著) プラハの裏側に潜むもうひとつのプラハの街を巡る冒険。まさに幻想文学、幻視の文学です。イメージの奔…

『新作歌舞伎・風の谷のナウシカ』ディレイビューイング(前編)に行ってきた

昨年12月に収録された公演の録画上映。かなりの力作というか意欲を持って造られた作品ではないかと思いました。ああいうファンタジー世界を舞台で表現するのは難しいと思いますが、王蟲などは美しく迫力もあり、相当に力を入れている感じがします。テトはも…

雪の階(奥泉光/中央公論新社)

主人公・笹宮惟佐子は、趣味は数学、暇さえあれば専門誌の懸賞問題に取り組み、囲碁はアマ最高級の腕、どうやら霊感があるらしくのっけから幻視してるし、紅茶の砂糖は「溶解度の限界まで」と頼む美貌の伯爵令嬢ーーどうぞ人物像を思い描いてみてください。 …

新しく触れる50①(鬼滅の刃、PSYCHO-PASS サイコパス)

今年の目標「新しく50作品に触れる」についての覚書き。まずは1月分です。 1 PSYCHO-PASS サイコパス シーズン1~3(アニメ) 2 鬼滅の刃 シーズン1(アニメ) 1 PSYCHO-PASS サイコパス シーズン1~3(アニメ) 職業適性や犯罪性向など、人間…

新しく触れる50~2020年の目標~

2020年も早くも4日目。年末年始は実家でゴロゴロしながら頭の中だけは人並みに1年を振り返ったり新年の目標を立てたりしていました。 そのほとんどは毎年変わり映えしない継続的なものなので割愛するとして、1つだけ、昨年つよく感じた反省点をもとに立て…

『メインテーマは殺人』(アンソニー・ホロヴィッツ/創元推理文庫)

『絹の家』や『カササギ殺人事件』のホロヴィッツの作。さすがのストーリーテリングで、一気読みしてしまった ♪ ある日、ロンドンの葬儀社を老婦人が訪れ、自分の葬式の段取りを万事整えて帰っていった。自分で自分の葬儀の手配をすること自体は珍しいことで…

コートールド美術館展ほか(東京都美術館)

この秋~冬に行きたいと思ってた展覧会の出撃第1弾は「コート―ルド美術館展~魅惑の印象派~」(東京都美術館)。あまり予備知識なく行ったのですが、マネやルノワールなどの印象派ど真ん中はもちろん、ゴーガンやロートレック、モリディアニなど、幅広い画…

遅ればせながら『進撃』廃人となる

人生どこにパックリ穴が開いてるかわからないもの。買いたいマンガがあったけど天気が悪くて外に出たくなくて、「しゃーねーkindleでもいいか」と久しぶりにamazon開いてみたら、幸か不幸か『進撃の巨人』10周年記念期間限定コミックス28巻まで無料キャ…

スポンサーリンク