ざわめく風、五月

2,3日すっきりしない天気が続いた後の快晴。こんな日はやはり公園散歩。 昼間のひょうたん池に水鳥はほとんど来ない。一番多いのは釣り人である。 風が吹きわたり、シダレヤナギもメタセコイアも青く揺れていた。 日光浴中のミシシッピアカミミガメさんた…

銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件(アンドリュー・カウフマン/東京創元社)

銀行強盗が奪っていったのは、その場にいた13人それぞれの、「今持っているものの中で一番思い入れのある物」。母からもらった腕時計、息子たちの写真、突き返された婚約指輪、昇進直後の給与明細etc。そして「僕」の妻・ステイシーもその場に居合わせ、電…

『紫式部日記(現代語訳付き)』(紫式部著 山本淳子訳注/角川ソフィア文庫)

今まで参考書や問題集にあった一部引用などを断片的にしか読んでなくて、彰子の皇子出産部分と有名な才女批評部分がどう繋がるのかわからなかったけど、通読して解説も読んでみて、初めて理解できた。皇子誕生にまつわるあれこれを記録した祝賀的部分は主家…

今昔物語集(作者不詳・大岡玲訳/光文社古典新訳文庫)

大河ドラマ「光る君へ」の影響で、平安期の古典がちょっとマイブーム。というわけで、手に取ったのは平安時代末期に成立したとされる説話集「今昔物語集」。本書は抄訳ですが、新訳だけあって訳文は読みやすいし、注釈も時として親切すぎるほどたくさんつい…

新緑、穀雨の晴天

新緑を求めてやってきましたお馴染みの参道。 したたりまくってる緑 あっという間に春はどんどん進んで 左右対称なメタセコイアの若葉がぶわっと飛び出し タンポポも綿毛を飛ばす時期 ハナミズキは盛りに 輝くように明るく咲くハナミズキは、初夏を予感させ…

密すぎる…!?カルガモの求婚

ソメイヨシノが散り敷いた水面には冬鳥の姿は既になく、 残ったのはいつものカルガモたち…あれ? 妙にくっつき合ってませんか?グループではもちろん、ペアだって泳ぐときは一定に距離は保っていることが多いのに… これは何…? 口を開けているのでガアガア何…

サクラ訪ねて②見沼代用水西縁(みぬまだいようすい にしべり)

春の嵐から一夜明けた本日は晴天なり。今日の花見は、やっぱりここに来なけりゃ終われない、見沼代用水西縁(みぬまだいようすいにしべり)です。 水路を辿って ちょっと不思議 動物たち 水路を辿って 水路の向かって右岸(概ね東側)には見沼田んぼ(今では…

サクラ訪ねて①円乗院、与野公園

午前中は体調がいまいちだったので野球観戦は取りやめ、午後から近いところで桜探訪でも…というわけで、シダレザクラで有名な円乗院と、バラの頃しか行ったことのない与野公園にも寄ってきました。 与野本町駅から与野公園への道の途中にある立派な寺院が円…

散楽団はなぜ殺されたのか~「光る君へ」第9話「遠くの国」~

10話を見る前に、先週の最大の疑問について、自分なりに考えた結論をまとめておきます。いろいろ考えてるうちに直前になっちゃった。 1 2~3話の時点で既に、直秀らは放免の、道長は検非違使の上役の恨みや反感を買っている 2 指示(依頼)の意図が理解…

早春、花探訪

3月最初の日曜日。暖かい日差しに誘われて、近場でちょいと春探し。 まずはさいたま市・市民の森の「りすの家」。この巨大なケージ(写真右奥)の中で、放し飼いにされています。冬場は冬眠してるのですが もう起きてた。 餌の中を泳ぐ こちらは、自分で埋…

見たぞ聴いたぞヤマガラ!

強風も少しおさまってきた今日は、ニホンアカガエルの卵塊を見たくなって北本自然観察公園へ。 近年、アライグマやカモ類に捕食されて卵塊が減ってきているそうで、ついにカゴなどを被せて保護を始めたとのこと。去年来たときとかも前に比べて少ないな、タイ…

漢詩の会!~「光る君へ 第6回 二人の才女」ネタバレ感想~

ますます面白かった「「光る君へ」第6回。見どころ満載な中でもとりわけインパクトが強かったのが道隆主催の「漢詩の会」でありました。 というわけで、今更ながら個人的な注目ポイントと感想です。 1 発端 ご注進 意外とやるな道隆 共同経営者貴子さま 漢…

『昭和の日本画と洋画 松岡翁 晩年の眼力』(松岡美術館)に行ってきた

2月11日の閉幕も間近、駆け込みで行ってきました。松岡美術館創設者である松岡清次郎氏が70代後半に入った昭和40年代後半以降、公募展等で発表された作品(つまり、その時点で世に出たばかりの作品)を収集し始めた、その成果ということで、昭和後半~終盤…

ついに発見!ミコアイサ♂ ※写真はありません

もう2月に入ったというのに、未だに今冬の目標であるオシドリにもミコアイサ♂にも出会えていない。3月はちょっと忙しくなるからなかなか散歩行けないだろうしなーと、ちょっと焦りが出始めた土曜日。 この池に来たのは今年初めて。遅くなりましたが今年も…

1カ月(弱)断酒をやってみた

実家で晩酌三昧だった年末年始。さすがに連日になり過ぎたかな~と気になり始めた1月4日、ふっと目に入った記事 ↓ じゃあ明日ウチに帰ったら始めてみるか、というわけで1月5日~31日まで断酒をやってみることにしました。 これまで2~3日に1度のペ…

小春日和の北本自然観察公園

久々にやってきました北本自然観察公園。ちょっとだけ早起きして、いつもより若干早めの到着です。快晴、そして真冬らしからぬ暖かさ。立春も近づいているとはいえ、こんなんでいいのか? 湿地の脇をぶらぶら歩いていると、早速ばさばさと何者かが飛んできて…

強風の野鳥さんぽ

快晴、強風。久しぶりに来た、某巨大調節池。 今日のねらいはパンダガモことミコアイサ♂(生殖羽)。茶色い頭のメスは何度か見たことがあるけど、巫女さんのような白装束に目元が黒というパンダ模様のオスにはまだ出会ったことがない。この冬の目標の一つで…

「生きものアルバム」始めました

構想はじめてからだいぶ経ってしまったけど、ようやく立ち上げたぞ~ yukiminoikimonoalbum.hatenablog.jp 長いことやりたいと思ってた、時系列に並んだ日記じゃなくて、生きもの毎にまとめた備忘録的なブログ。まだ10種類くらいしかないし内容もショボいで…

尋ね人不在、しかし…

今日はこの冬の目標のひとつ、オシドリを目当てに出現するという噂のスポットへ。しかし… 御不在のご様子。時間帯が遅すぎたのかな。 マガモさんカルガモさんはあちこちで見かけるのですが。 日を改め、もっと早い時間に出直すことにして、あとは園内をぶら…

メタセコイアとラクウショウ in winter

先日、大宮の氷川神社に初詣に行った帰りにふらりと立ち寄った大宮公園ボート池。 池のほとりに立つのはアケボノスギ、またの名をメタセコイア。 春から初夏にかけての新緑、赤褐色の秋の紅葉もそれぞれに美しいメタセコイアも、今は辛うじて所々に枯葉がぶ…

ローラ・フェイとの最後の会話(トマス・H・クック/ハヤカワポケットミステリ)

図書館で背表紙を物色していて、奇妙なタイトルに惹かれて手に取った1冊。大当たり。 主人公ルークはハーヴァードは出たものの、今はしがない三流大学の教授。20年前家族を襲った惨劇で麻痺した心を抱え、若き日の野望とはかけ離れた鬱屈した日々を送る彼の…

年のはじめの十六羅漢

1月4日。この時期、庄内の海が穏やかに晴れることは珍しい。 正月の空と海が青いなんて。陽射しが暖かいなんて。 鳥海山は吹浦側から見た鳥海山が好きだな、私は。 歩いて歩いて、十六羅漢まで来た。 幕末から明治元年にかけて岩礁に彫られた22体の磨崖…

背ェ低っ!セイタカアワダチソウ…?

またまたやってきましたススキ野。 前回いなかったコガモさんがいないかな~と思って時間帯を変えてみたら…いた! 4羽のメスと1羽のオスというグループのようです。今年も来てくれてたんだ、よかった! しかし今日はそれ以上に気になることがあった。 あち…

『鈍色幻視行』(恩田陸/集英社)

うぉー面白れー!ずっと積読だったのに、手をつけたら一気に読んじゃった。 映像化企画が持ち上がるたび関係者が死亡し何度もお蔵入りになっている「夜果つるところ」。主人公は世間から隔絶された遊郭と思しき館で、いわくありげな女たちを母「たち」として…

いつもの、からちょっとだけ

季節はずれのぽかぽか陽気。こんな日はどこか行かなきゃ勿体ない。しかし日曜日だし混雑するとこはやだな…というわけで、あまり混んでなさそうな野っ原へ。 群生するススキが日差しを受けて美しい。 土手の下には調節地もあるのですが、見た感じ誰もおらず残…

紅葉の池を泳ぐ

都会のただ中の日本庭園。 今年はなかなか寒くならず、いまいちなのかな~と思ってましたが やはり、いいものです ここではあまり見かけなかったオオバンさん。思いっきりむしってる… おっホシハジロさん。行きつけのとこにはあまり来ないので、私にとっては…

エノキ?ムクノキ?

いつもの沼。 いい湯だな的アオサギさん。たまーにこういう腰湯状態になってるのは、なんか意味があるんですかね。 何かのアピール中なのか…冬が始まるこの時期のカルガモさんって、なんか騒がしいと思う。 というのは置いといて。 今日の主目的はタイトルの…

懐かしき、名前をたどれば

(ネタバレ注意)『ナイフをひねれば』(アンソニー・ホロヴィッツ/創元推理文庫)のレビューではありませんが、本書の内容に触れています。未読の方は本記事を読まない方がいいです。ご注意ください。 他にもいろいろ順番待ちの本があったのと、なによりホ…

晩秋、都心の水辺

晴れの日は暑すぎず寒すぎず、清々しい陽気になることが多い、今日この頃。 んん-顔が見えませんがサギにしてはやや短めの体躯、背中に残る白い斑は、もしや… やはり、この顔は…ホシゴイさん…ですよね?しかしトレードマークの☆がちょぼちょぼしか見えない…

木枯らし吹いた…!?

立冬だった8日こそ穏やかに晴れた一日でしたが、今日は日差しも少なく屋外でもマスク外さなくていいかも…と思ってしまう冷たい風。 これって木枯らし一号ってヤツなのでは?と思いましたが、↓ の記事によると風速8メートル以上という条件があるようで、東…

スポンサーリンク